石灰質肥料

土壌改良や野菜などの育成に効果を発揮

石灰質肥料としての石灰(苦土石灰)は、窒素・リン酸・カリウムと並んで植物の生育に必要な成分であり、肥料の4要素と呼ばれるくらい重要な養分です。特に、野菜等に非常によく吸収されます。

主な用途

●火山灰土壌、酸化のすすんでいる土壌の改良
●野菜、牧草のカルシウムの吸収
●微生物の繁殖、有機物の分解、促進
●粒子の団粒化、除塩

 

取扱製品

70%消石灰 アルカリ分70%を含む肥料
65%消石灰 アルカリ分65%を含む肥料
防散消石灰 飛散を防ぐ処理をした肥料
顆粒消石灰  消石灰を顆粒化して、散布を容易にした
肥料で時間の経過に伴い自然崩壊性があ
ります。

 

タンカル アルカリ分53%を含む肥料
粗砕タンカル アルカリ分の溶出の長い肥料
苦土カル アルカリ分55%と苦土(マグネシウム)を
10%含む肥判
粒状苦土カル 苦土カルを粒状化し散布を容易にした肥料
顆粒苦土
生石灰
アルカリ分100%の生石灰に苦士分を含ま
せた肥料

 

 

ページトップへ