先輩社員の声

イメージ

日々やりがいを感じる現場です。
安全面には十分に配慮しています。

  • 岩手工場

  • 主任 千葉 大 [入社8年目]

私の仕事内容について

 製品の原料を採取するために岩盤に対して穿孔作業を行い、空いた穴に火薬を詰め、発破を掛ける業務を担当しています。発破の衝撃は強く、緊張感が伴う仕事です。そのため安全対策には力を入れています。
 この仕事のやりがいは、自分の行った工事の結果がその場ですぐ分かる点でしょうか。穿孔や発破の具合によって製品の良し悪しが変わってきます。昨日より今日、今日より明日、よりよい製品を作れるように日々成長したと思います。

社内の教育体制や雰囲気について

 工事に必要な知識や技術は入社後に身につけました。ゼロから指導してくれた先輩に感謝しています。重機を運転する資格も入社後に取得しました。会社がサポートしてくれるので安心です。そのため、未経験者でも学ぶ意欲がある方は活躍できる現場だと思います。
 また、社内は仲が良く、雰囲気のよい職場だと感じています。業務には真剣に取り組みますが、休憩時には無線で談笑をしたり…時にまじめに、時に和やかに、そんな職場です。

イメージ

 

イメージ

お客様のニーズと現場の声。
どちらも大切に考えます。

  • 和賀仙人鉱山

  • 主任 菊地 広輝 [入社6年目]

私の仕事内容について

 出荷、在庫管理などの事務処理全般を担当しています。天候によって現場の生産状況は変わります。そういった場合も円滑に受注できるよう、お客様のニーズと現場の声を調整するのも私の役割です。
 また、安全対策の資料の作成も行います。社内で安全対策のミーティングを行い、皆の声をまとめる仕事です。
 毎日臨機応変に様々な事務仕事に取り組んでいます。

仕事のやりがいについて

 これまで特にやりがいを感じた仕事は、自分が担当した安全対策の資料が経済産業省の保安検査に通った事です。お褒めの言葉も頂き、喜びを感じました。やはり安全第一ですから、これからも現場で働く社員のために安全対策の向上に尽力したいと思います。
 また、この仕事を通して様々なお客様と接する機会を与えられました。元々人と話す事が苦手な性分でしたが、仕事のお陰でコミュニケーション能力が上がったと思います。お客様からの「ありがとう」の言葉が何よりのやりがいです。お客様とよりよい信頼関係を築けるよう、これからも仕事に誠実に取り組みたいと思います。

イメージ

 

イメージ

製品の品質向上・安全性の向上に
貢献します。

  • 宮城工場

  • 及川 雅弘 [入社6年目]

私の仕事内容について

 製品となる活性土の試験を担当しています。「何分でどのくらい温度が上昇するか?」「水を加えた時の粘り気はどの程度か?」など製品の品質をチェックします。
 この仕事は手際のよさと丁寧さが必要です。少しの時間差やミスで試験結果は変わってしまうからです。多くのお客様から信頼される製品を作るために、責任感を持って試験に取り組んでいます。

今後の夢や目標について

 製品の品質向上・安全性の向上に貢献する事が私の夢であり目標です。
 夏場の湿気に反応して石膏が水分過多となり、破裂する事例がありました。この時にどの程度の水分量が適切なのか追究しました。製品の品質が改善した時はとても嬉しかったですし、やりがいを感じました。
 石灰も様々な商品が様々な企業から製造されています。多くの商品の中から宮城石灰工業の商品を選んで頂けるよう、質の高い製品を作りたいと思います。

イメージ

 

イメージ

お客様から、社内のみんなから、
頼られる存在を目指しています。

  • 本社

  • 八島 美奈 [入社6年目]

私の仕事内容について

 営業事務を担当しています。営業サポートとして受注業務、売り上げデータのまとめ、会議の資料制作などを行うのが私の仕事です。お客様とお電話でやりとりをする機会も多々あります。お客様と信頼関係が築けるように、明るく誠実な応対を心がけています。
 この仕事でやりがいを感じるのは、お客様や営業さんから感謝された時でしょうか。人との関わりの中で自分が役に立った時に喜びを感じます。これからもお客様から、社内のみんなから、頼られる存在を目指したいと思います。

社内の雰囲気について

 とてもアットホームで働きやすい職場だと感じています。悩んだ時は同僚も上司も親身に相談に乗ってくれるので安心です。思いやりや協力する気持ちって大切ですね。
 カーリング大会や社員旅行などの親睦イベントもあります。私も過去に社員旅行に参加しました。普段顔を合わせる事のない工場や営業所のメンバーと交流を図ることが出来ました。全体的に仲がよく、雰囲気のよい会社だと思います。

イメージ

ページトップへ